■令息の結婚を祝う

 

謹啓 ○○のみぎり、ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。

 平素は格別のご芳情をいただき、深謝申しあげます。

 承りますれば、このたびご令息○○様には、○○様のご長女○○様との間にご婚約整われ、近日めでたくご婚礼をお挙げなさいます由、ご両家のお喜びはいかばかりかとお祝い申しあげます。

 ご新郎は、○○として第一線でご活躍中であり、ご新婦は、○○ご出身の才色兼備の稀にみるお方とのこと、誠に理想のご良縁と存じます。ご婚儀の後は、ご一家ならびに御社におかれましては、この上もなく末広がりのご発展のことと拝察申しあげます。ここに謹んでお祝いのご挨拶を申しあげます。                    敬具



文例集トップへ