結婚披露宴 主催者の挨拶〜新婦父から

《スピーチの要旨》

  1.   出席者に対する感謝の言葉
  2.   お世話になった方々へのお礼
  3.   祝辞に対するお礼
  4.   今後の支援のお願い
 

本日はご多忙の中を○○、○○の結婚披露宴にご出席下さいまして、まことに有り難うございました。

私、新婦○○の父、○○と申します。

新郎の父○○がやむを得ない事情で、急に出席できなくなりましたので、私から両家を代表致しまして、ご出席の皆様にお礼のご挨拶を申し上げます。

ただいまは、ご来賓、ご友人の皆様方から、かずかずの励ましやご指導、お祝いのお言葉をいただき、二人はもとより、私どもも、胸のあつくなる思いでございます。

いただきました温かいお教えや、強い励ましのお言葉を深く心に刻んで、生涯の指針と致し、二人は新しい生活の第一歩を踏み出すことになります。

ただ、なにぶんにもまだまだ至らぬところの多い二人でございます。なにとぞ、二人のために、皆様の温かいお導きと励ましをいただきますよう、心からお願い申し上げます。司会の○○様、ほんとうに有り難うございました。

これをもちまして、両家代表のご挨拶とさせていただきます。ほんとうに有り難うございました。


皆様、本日はご多忙中にもかかわりませず、○○、○○の両人のためにかくも多数のご臨席をいただきまして、まことに有り難うございました。

新婦○○の父親、○○と申します。

○○○でありますので、私が代わって、ご列席の皆様にお礼のご挨拶を申し上げます。

さきほどから、○○様はじめ、ご来賓の皆様から、お心のこもったお祝辞や、温かいご教訓、はげましのお言葉を賜わり、当の二人はもちろんのこと、私どもにとりましても、身にあまる光栄と、有り難く厚くお礼申し上げます。

皆様からいただいた温かいお言葉を深く心に刻んで、皆様のご期待にそむかぬよう努めてくれることと信じます。

ただ、なにぶんにもまだまだ至らぬところの多い二人でございますので、つきましては、今後一層、よろしくご指導下さいますよう、心からお願い申し上げる次第でございます。司会の○○様、長時間ほんとうにお世話になりました。

本日は、行き届かぬ点も多々あったかと存じますが、ご容赦のほどお願い申し上げます。ほんとうに有り難うございました。


忌み言葉【結婚披露宴】

 戻る、去る、帰る、出る、切れる、別れる、離れる、流れる、壊れる、破れる、滅びる、終わる、失う、病む、死ぬ、繰り返し、またまた、たびたび、重ね重ね、再び、かえすがえす、しめやかに など

スピーチ例に戻る